The ☆ Scarlet › 2014年04月

目を輝かせるソフィ

2014年04月30日

パソコンで検索している人

デザイナーのソフィは目を輝かせる。
「今は、アクセサリーやカバンがメインかな。私もママと同じでやり手だけど、それほどデザインは得意じゃないから」
ちゃんと自己分析しているスカーレットに、キャンディは大笑いする。
「叔母さんと同じヘルプを、私たちに出したらいいじゃん!」
歯にもの着せない物言いに、ローラもソフィも、びっくりする。
が、スカーレットは不敵に笑う。
「・・・ったく、この子は昔から言いにくいことをズバリと言う子だね。でも、その通り。タニアのライブを見て、ピンときたの。私はビジネスを広げていける。そして、みんなは素材の意外性や、知識、そして他に類を見ないデザイン性を持ってる。タッグを組まない手はないじゃない?」

ローラは、店の奥にあるパソコンで、スカーレットのブランドを検索した。
その前に、女優スカーレットを検索して、三姉妹は、すっかり度肝を抜かれてしまったのだが。

スカーレットのブランドHPを見て、ローラとソフィは目を合わす。
「私たちにないものとあるものが、あるわね」
「だろ?ネームバリューに腰かけた、ちょっとしたブランドショップさ、今は」
ズバリ言い切るスカーレットが気持ちいい。
しかし、スカーレットのカーテン店にない、グローバルな解放感は、素晴らしかった。
「わかったわ、スカーレット、いくらでも、商品のリクエストをして。カーテン素材でできないものはないわ」
ソフィの言葉に、スカーレットはうなずく。
「そのつもりで、リスト作って来た」
分厚いリストを渡されて、ローラもソフィも、わくわくする。

スカーレットは、立ち上がると、店を見渡して言った。
「そのリストには、入ってないけど・・・そうだな、いい香りがしてきそうな色や素材のカーテンなんか、いろはの部屋に欲しいもんだね」

三姉妹は、顔を見合す。タニアの歌の世界観をカーテンで表現できたのだ。香りも表現できるはずだ。
ソフィは思わず立ち上がった。
「わかったわ、スカーレット。匂い立つようなカーテンね。作ってみせるわ」
スカーレットは振り返り、ソフィの手を握って、三人にウィンクした。  
タグ :カーテン


Posted by 弘せりえ at 15:05Comments(0)短編